おすすめの作業服カーキ色のカーゴパンツ

作業服を選ぶときには、色について考える人もいるでしょう。どれだけデザインが良くても、機能性が高くても、色が合わなくては、その魅力は発揮されません。シックな黒や、鮮やかな赤、落ち着いた青など様々な色があって、どれを選んでいいのか迷ってしまいます。

そんなときにおすすめなのが、カーキ色です。この記事では、なぜカーキ色がおすすめなのか、その理由について解説します。

作業服は快適さや機能性が重要!綿100%や履きこみ深めのカーゴパンツのまとめ!

カーキ色とは

カーキ色と一言でいっても、そのイメージは人それぞれ違います。まずは、正しいカーキ色について知ることが大切です。カーキ色というと、グリーン系を連想する人もいるでしょう。ですが、実際のカーキ色はそうではありません。

カーキ色は、元々は土埃を意味する言葉で、ややくすんだクリーム色というと、分かりやすいでしょう。では、なぜグリーン系がカーキ色と勘違いされてしまったのでしょうか。その理由は、軍服と深い関係があります。陸軍では、目立たないようにするために、土埃のようなイエロー系を軍服の色として採用していました。

ですが、草原や森が戦地になったときには、保護色となるように軍服もグリーン系に変えるようになったのです。そのことから、いつしかグリーン系もカーキと呼ばれるようになりました。

軍服の色というのは、時代や国の違いから、その定義に差異が生じてくることがあります。そのため、日本ではイエロー系もグリーン系も広い意味でカーキ色と表現するようになったのです。


カーキのイメージ

カーキのイメージというと、ミリタリーな印象が強い人もいるでしょう。ですが、カーキ色はアースカラーでもあるのです。そして、見る人を安心させる色でもあるので、仕事で緊張しているときには効果的です。作業服の色というのは、それぞれ相手に与える印象が異なります。

なぜ作業服に定番カラーが好まれるのかというと、そこには色による効果があると考えられているからです。作業場では汚れることが多く、すぐに洗濯が出来ないこともあります。そのため、作業服では少しでも汚れが目立たない色が好まれるのです。

カーキ色は、見た目が穏やかなので、安心感を得ることが出来ますし、多少の汚れなら目立つこともありません。カーキがおすすめなのは、色が持つ癒しの効果と、汚れが目立たないという実用的な効果を期待することができるからです。

カーキ色の作業ズボンを選ぶときには、色の効果について調べることも必要です。

カーキと合う色

カーキ色の作業服を着るときには、そのコーデも気になるところではないでしょうか。場合によっては、作業着のままクライアントや取引先の担当者と会うこともあります。そのときに、印象が悪くなっては、ビジネスチャンスを逃す可能性もあります。

カジュアルなカーキ色は、あらゆる色と合わせやすい色ですが、選ぶときには、その相性を見ることも大切です。シンプルさを強調したいときには、ブラックを選ぶと良いでしょう。イエロー系のカーキの場合は、やや膨張色であるため、履いたときにやや太い印象を受けることがあります。

そこで、引き締め効果があるブラックを合わせることにより、スタイルをほっそりと見せる効果があります。また、グリーン系のカーキの場合は、ブラックと合わせることにより、スタイリッシュな印象を与えることが出来ます。

また、同じアースカラーであるブラウンもまた、カーキとは相性が良い色です。カーキの軽やかなイメージと、暖かみのあるブラウンが合わさることで、落ち着いた大人の雰囲気を演出することも可能なのです。このように、カーキは合わせる色が違うと、その印象をガラリと変える色なのです。

カーキが合わない色

カーキに合う色があるように、合わない色もあるのです。たとえば、イエロー系のカーキの場合は、同じような色合いを持つベージュとは合わせづらいという欠点があります。イエロー系のカーキは、ベージュと合わせると地味な印象になってしまう可能性があります。

更に、赤やピンクといった華やかな色もカーキとは相性が良くない可能性があります。なぜなら、赤やピンクといった華やかな色が目立ち過ぎると、カーキの印象は薄くなってしまいます。赤やピンクを使用するときには、差し色程度に留めておくといいでしょう。

おすすめのカーキ色カーゴパンツ「バートル7052」

ここでは、おすすめのカーキ色の作業ズボンを紹介します。まずは、デザイン性の高さと、充実した機能性を併せ持つバートル7052です。伸縮性に優れているというだけではなく、ポリウレタン糸を使用していないため、その伸縮性は半永久的に続くのです。

そして、ポケットの多さも特徴的です。スマートフォンや大きめの手帳も入る、深めのポケットがあるため、作業を効率よく行うことも出来ます。イエロー系のカーキ色のシンプルなデザインで、他のアイテムとも合わせやすいのが特徴です。

おすすめのカーキ色カーゴパンツ「TS DESIGNの5114」

グリーン系のカーキ色を探しているときにおすすめなのが、TS DESIGNの5114です。脚にピタッとフィットするタイプで、タイトなスタイルを演出したい人にはピッタリです。そして、ただ単に外見のデザインに特化しているというわけではありません。

その機能性も十分に得ることが出来ます。日本製素材のソフトチノクロスを使用しているため、柔らかな肌触りで快適に作業することが出来ます。また、防縮性もあるため、洗濯を繰り返しても縮むことがありません。

おすすめのカーキ色カーゴパンツ「グラディエーターG5003」

作業だけではなく、普段着としてもカーゴズボンを履きたいときにおすすめなのが、グラディエーターG5003です。収縮性や動きやすさに定評があり、カーゴポケットがないため、よりスリムな印象に見せてくれます。丈夫なYKK製3YGファスナーを採用しているため、作業の途中でファスナーが下がってくることはありません。

爽やかなカーキ色は、他の色とも簡単に合わせることが出来ます。また、カラビナループが付いているため、簡単な小物ならぶら下げておくことも出来ます。G5003は、暖かみのある風合いと、高い機能性を併せ持つ作業服なので、プライベートでも大いに活用することが出来ます。

カーキ色の効果

カーキ色は、自然界の色を感じることが出来る色でもあります。

そのため、身に付けることにより、安心感を得ることも出来ますし、周囲に与える影響も変わってきます。

大切なことは、カーキ色が持つ魅力について、日頃から意識することです。同じカーキ色でも微妙に色が違うこともあるため、購入するときには、よく検討してから決めるようにしましょう。

参考元>作業着 カーゴパンツ … ユニフォームタウンhttps://l-m.co.jp/work/aw-cargo-pants/